コロンビアビジネススクール

Columbia Business School Logo

高校生・大学生向け 起業家サーティフィケートプログラム

世界ランキングで常にトップクラスをキープするニューヨークの名門コロンビアビジネススクール認定オンラインコースです。終了時にはサーティフィケートが得られます。

コース概要

私たちは、皆さん一人一人が素晴らしいアイデアを持っていると確信しています。このあたらしい実践的なオンラインコースは、ミニマルバイアブルプロダクト(MVP)をデザインすることに焦点を絞っています。MVPでは核となる特徴を追求し、それを効果的にテストを行い展開していきます。このコースでキーとなるエリアは顧客発見、製品ー市場の検証、業界と市場の解析、製品・サービスのイノベーション、そしてブランド展開などを含みます。

コースのポイント

  • 名門コロンビアビジネススクールのサーティフィケート取得
  • 12週間で完結
  • コロンビアビジネススクール講師によるリアルタイムとビデオでの受講
  • 全て日本で履修開始可能(渡米不要)
  • 中上級レベルの英語力で受講可能
  • 高校生、大学生が主な対象

コースの利点

このコースを通してあなたは自分のアイデアと向き合い、以下の質問に対しての回答を得ることができます:

  • MVAとは何か、そしてどうやればそれをデザインでいるのか?
  • 新製品または新サービスで起業するアイデアはどうやれば見つけられるのか?
  • どうやれば理想的なターゲットマーケットと顧客を見つけられるのか?
  • どのように潜在的な顧客をインタビューし調査できるのか?
  • どのようにすれば顧客の問題やチャンスを見つけ、それを自分の提案に変えられるのか?
  • どのように自分のマーケットを理解し自分の置かれているポジションと優位性を見つけられるのか?
  • どうすれば自分の新しい解決法を市場に出せるのか?
  • どうすれば自分がターゲットとしている顧客に気に入られるブランドを作れるのか?
  • ファイナンスに関して気をつけることとそれを頭に入れた上での製品デザインの仕方

コースの内容

このコースではMVPを作るためにモジュールを積み重ねていきます。内容は以下のようになります:

  • チャンスの識別
    • 解決すべき問題の提起と顧客利益の分析
  • ビジネスモデル
    • 自分のアイデアをビジネスモデルに落とし込む
  • 顧客開拓
    • 製品と顧客を並べて想定をテストをしてみる
  • 価値の提案
    • 製品の利点の認識と市場でのポジショニング
  • 市場認識
    • 市場の魅力を確認し顧客セグメントの認識、そこへの効果的な入り方
  • 初期製品開発
    • MVPを作り顧客の反応をテスト

コースの構成

以下モジュールをインストラクターによるライブ授業と自分のペースで進められるビデオコースで学びます。各モジュールはそれぞれ週に1.5時間の授業と2-3時間のワークで構成されます。成績はPASS/Failで付けられることとなります。

モジュール 学習内容 学習モード
0  イントロダクション ライブ
1 アイデア  ビデオ
2 ビジネスモデル ビデオ
3 カスタマー ビデオ
4 マーケット ビデオ
5 業界 ビデオ
6 製品 ビデオ
7 マーケティングとブランド ビデオ
8 フィナンシャルプラン ビデオ
  コース総括 ライブ

参加条件

  • 英検2級A程度以上の語学力

証明書は不要ですが授業を理解するためのリスニング、また自分の考えを表現するためのライティングが相応のレベルで必要になります。これ以外にも、モチベーションコントロールを含めたセルフマネジメント能力が問われます。内容の理解度や提出物等の学習態度によってはF(不可)評価がつくこともあります。

日程

2020夏学期

  • 出願期限: 5月15日
  • コース開始: 6月1日

費用

コース費用(12週間): ¥429,000

手数料: ¥9,900

インストラクター紹介

Jack McGourty

ジャック・マゴーティ( Ph.D.)はコロンビアビジネススクールのコミュニティアンドグローバルアントレプレナーシップのディレクターを務めており、 起業、ベンチャー創設、プロダクト改革などを教えています。1988年にコロンビア大学に来る前には上場企業に置いて役員を務めていました。在職期間中は人事部門副社長やオペレーション部門の上級副社長、部門総責任者からCOOまで複数の重役を経験しています。またコンサルティングファームにおいては中規模から大規模のテック企業に対しイノベーションなどについてのサービスを提供してきました。16年間にわたり彼は大学の起業家コミュニティ会員としてに精力的に活動し、企業とイノベーションという副専攻の設立につとめColumbia-Harlem Small Business Development Centerも立ち上げました。ジャックはこのプログラムの原動力として起業家たちに今後立ち上がるマーケット必要となるコースと能力を提供していきます。


Greg van kirk

グレッグ・バン・カークはプロジェクトXの共同設立者でありアショカリーダーシップグループの元メンバーです。またアショカグローバライザーフェローとワールドエコノミックフォーラム「2012年ソーシャルアントレプレナーオブザイヤー」にも輝いています。また彼は現在世界中で利用されているマイクロコンサインメントモデルの主要設計者でもあります。これまでリーバイストラウスやソロスファウンデーションなど数々の組織のコンサルタントとしても活動してきました。インディアナ大学、サンディエゴ大学、アリゾナ州立大学でも多くの時間を費やし、マイアミ大学の起業家研究所ではシニアアドバイザーを務め、またコロンビア大学、ニューヨーク大学でもソーシャルアントレナーシップを教えてきました。